FC2ブログ
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
10« 2018/11 »12

プロフィール

kevin

Author:kevin
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

いわじろうにっきのカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きてくれてるから・・・

父が倒れた。

母からの連絡によると、癌の可能性が高い、という。

もともと肺気腫を患っていて、数十メートル歩くだけで息が上がってしまうくらいに体力が落ちている父。

前に帰省したとき、驚くほど食欲が落ちていた姿を思い出す。

今度は、ある程度の『覚悟』をしておくように、

と言う母の声は、電話の向こうで少し震えていた。



今、父は検査のため、入院している。

結果は20日ごろ出るそうだ。



両親は西日本の田舎に住んでおり、オレは関東にいる。

仕事もあるし、帰ったところで、すぐに何がどうなるわけでもない。

けれど、心配せずにはいられない。

今日、明日に父が亡くなるわけではない、ということも知っている。

でも、そのときのことを思うと、体の半分が無くなってしまうような感覚になる。



ふと、気づいた。

まだ大切な人が生きているからオレは「心配できる」んだということ。

もし大切な人が亡くなってしまえば心配すらできないのだ、ということ。

今は心配できることに感謝をしよう。



そして願わずにいられない。

病を抱えながら生きることはとても辛いことだろう。

それでも父の子供としては、一日でも長く生きて欲しい。

まだ親孝行はできていない。

親孝行ができるその日まで、少しでも長く行き続けて欲しい。



スポンサーサイト
<<朗報 | ホーム | レヴュー№1 「Red Garden」>>

Comment

Comment Form


to secret

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。