FC2ブログ
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
08« 2018/09 »10

プロフィール

kevin

Author:kevin
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

いわじろうにっきのカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーサー・ハルとドラムサークル

このところ休みの日もいろいろと用事があったのですが

その「用事」のひとつがコレ 





きたる6月2日、あの「ドラムサークルの父」アーサー・ハルが来日し、ドラムサークルを開催します。



そのチラシを作る係りに僕がなり、

休みになると一日中チラシを作ってました。

最初は

「めんどくせえ」「どうやって作ったら良いの?」

なんてなかなか始めなかったくせに

やりだすと、いろいろと工夫してみたくなるのが不思議。

しかも一度「完成!!」と思ってもあとからあとから気になるところが続出。

なかなか区切りがつけれませんでした。

いろいろと悩みつつ、それでも何とか形になった時は、

自然と顔がにやけてしまうモンなんですね~。





さて、ではアーサーの紹介とドラムサークルのコマーシャル。



【アーサー・ハル(Arthur Hull)プロフィール】

30年以上に渡る経験からドラムサークル・ファシリテーション技術を確立し、

「ドラムサークルの父」と呼ばれる。

これまで世界の有名フェ スティバル、国際会議、企業で行ったドラムサークルは数知れない。

スティービー・ワンダー、スティーブン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカス等の著名人にも、

アーサーのドラムサークルのファンは多い。

リズムコミュニティーを通 じた「よりよい世界づくり」を目指して いる。

著書に『Drum Circle Spirit-Facilitating Human Potential through Rhythm』(書籍CD付き)、『Drum Circle  Facilitation』(ビデオ)、『Guide to Endrummingment』(ビデオ)他。





ドラムサークルとは、老若男女、国籍、障害が有るか無いかを問わず、参加者がひとつの輪をつくり、

打楽器を使って即興のリズムアンサンブルを奏でよう!というイベントです。



音楽は言葉だけでは表現しきれない、内なる感覚をつたえることができます。

リズムは国籍や言語などの見えない壁を越えることができます。

つまりアンサンブル(合奏)をすることはお互いの思いを音楽を通して伝え合うことなのです。

サークル(輪)を作る人たちが奏でるたくさんの思いがひとつになったとき、

奇跡のようなマジックをあなたは体験するかも知れません。



楽器の経験は無くても大丈夫。

ファシリテーターがお手伝いをします。

楽器を持っていなくても大丈夫。

たくさんの打楽器が会場に準備されています。



音楽を楽しみたい方。

ストレスを発散したい方。

その他モロモロのきっかけでも大丈夫。

ぜひ、参加下さい。





(詳細)はこちら



開催日: 2008年 6月 2日(日) 19:00~20:30
 



会 場: 神奈川区民文化センター かなっくホール  音楽ルーム(4階) 

      横浜市神奈川区東神奈川1-10-1  
http://kanack-hall.jp/



アクセス:  ・JR根岸線または横浜線 東神奈川駅  

          ・京浜急行 仲木戸駅 下車より

            上記駅下車後連絡橋「かなっくウォーク」で徒歩1分 

        ・東急東横線東白楽駅 徒歩10分



参加費: 大人 3000円 高校生以下 1000円 未就学児無料  



募集人数:  50名 (消防法により定められている為)




主催:横浜ドラムサークル http://music.geocities.jp/yokohama_drumcircle/

       メールアドレス yokohama_drumcircle@yahoo.co.jp



申込方法:上記のメールアドレスにお申し込み下さい。

       ※なお、万一に備えて主催者側にて傷害保険に加入しますので、

        お申し込み時にお名前・生年月日・連絡先をお知らせください。

        (教えていただいた個人情報は傷害保険の申込、参加者管理にのみ使用します) 



備考:楽器は主催者が準備しますので、手ぶらで来ていただいて大丈夫です。

     また、この楽器を演奏したい!というMY楽器をお持ちの方はぜひご持参下さい。

    (その場合、ご自身のものとすぐにわかる目印をお付けになることをお勧めします)




スポンサーサイト
<<フィードバックDVD | ホーム | あれッ!?>>

Comment

Comment Form


to secret

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。