FC2ブログ
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
08« 2018/09 »10

プロフィール

kevin

Author:kevin
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

いわじろうにっきのカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトリート+アーサーDC終了☆

先週の土曜日、日曜日にはDRUMAGIK/ドラムサークル研究会さん主催のドラムリトリートに参加、

月曜日には僕たちの横浜ドラムサークルが主催した、アーサー・ハルを迎えてのDrum About  横浜の開催と、先週の週末から週明けにかけて充実した時間をすごすことができました。



ドラムリトリートでは、楽器を楽しむだけでなくダンス・料理・コミュニケーションワークショップなど、さまざまなプログラムが準備されていて例年以上にバラエティに富んでいました。



初日夜のLate Nightでの一コマ。

キャンドルの光に囲まれて、ウッドやベル、

シェーカーといった「静か系」の楽器たちを思い思いに演奏。

とっても幻想的で、自分の内に入り込みながらも、

周りの音にも集中するというような不思議な感覚を感じました。





今年のリトリートは僕にとって大きな収穫のあるものとなりました。

特にリトリート主催のDRUMAGIK代表・佐々木薫さんの

「周囲の人々をリスペクトする」姿勢に感銘を受けました。



ひとつのイベントを形にするためには、本当にたくさんの人々の協力が必要であり

何よりも、その人々へ敬意を払うことこそが成功への鍵なのだということを、

これからも肝に銘じてDC を開催していきます。





さて、月曜日には山梨から横浜へアーサーと共に移動してDrum About 横浜を開催。

さまざまな年齢層の方たちに参加していただき、熱気にあふれたものとなりました。

はるばるアメリカから来てくれたアーサーにも喜んでいただくことができ、感動の一夜となりました。



山梨・忍野八海の土産物屋さんで買ったぬいぐるみ。

二つともお腹を押したり軽く頭を叩くと「グワッグワッ!!」「ケロケロ」と鳴きます。

特にカエルくんは、アーサーのドラムサークルでも活躍してくれました。

このようにドラムサークルは楽器じゃなくても音が出るものならなんでもOK!!なのです。

(もちろん私たちの体もボディ・パーカッションという立派な楽器です)

こんな自由さもドラムサークルの魅力のひとつですね。



このようにして、リトリート+Drum About 横浜は僕にとって実り豊かな経験をもたらしてくれました。

これからもドラムサークル、楽しんでいこ~ッ!!!





スポンサーサイト
<<「クラウン・イン・カブール」 | ホーム | あれやこれや>>

Comment

Comment Form


to secret

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。